函館店

外壁塗装をする時の塗料選びの基準は?

 

外壁塗装の再塗装を検討する時、どういった塗料を選択するかは重要な要素になります。

その塗料選びですが、塗料と一括りにしても、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素等の種類があります。

種類によっても金額が異なりますが、家の塗装でよく使われているのはウレタン、近年であればラジカル制御型ハイブリット塗料と言われるものです。

アクリルは耐久性能が少し劣るため家の塗装には近年はあまり採用されていません。

逆にシリコンやフッ素、前述のラジカル制御型ハイブリット塗料等の近年開発された塗料は耐久性能があり、値段どおりの費用対効果を期待できます。

また、塗料の選び方で環境にいい塗料を選ぶといった観点もあります。

家の屋根に使う塗料は雨等から家を守るためのものであるため、耐久性の観点から油性の物を使うのが一般的です。

環境への低汚染を実現するために、ナノテクノロジー塗料やラジカル制御型ハイブリット塗料といった現代科学が作り上げた塗料があります。

もしくは水性の塗料を選択するというのもまたエコロジーな取り組みになります。

油性と比べ耐久性が問題ないのか心配になるかもしれませんが、技術進歩によって水性も油性と同等の性能を得るまでになりました。

こういった着眼点から塗料を選ぶのもありです。

外壁塗装はそう頻繁に行なうことではありません。納得のいく塗料が選べるように、いろいろなものを見て決めるといいでしょう。見積もりも3社ほどからとることで塗料などを比較できます。