函館店

放置すると危険!チョーキング現象のメンテナンスが建物の保護につながる

「チョーキング」とは、主に塗膜の表面に白い粉が付着する現象のことをいいます。

これは、外部からの紫外線や気象条件などにより、外壁塗装の塗膜が分解され、微細な粉末状になることが原因で起こる現象です。

 

具体的には、外壁塗装に使用される塗料中の顔料が紫外線などの影響を受け、徐々に劣化して細かい粒子となります。これが外壁表面に付着することで、白い粉が目立つようになり、建物の外観の美観を損ねてしまいます。

 

手で外壁の表面を軽く触れてみて、手に白い粉が付着するかどうかを確認してみましょう。

また、強い光源(懐中電灯や太陽光)を使って外壁を照らしてみると、粉が浮いているかどうかをより鮮明に確認することができます。

 

チョーキングが発生している状態であるにも関わらず、そのまま放置してしまうと、外壁塗装の効果が著しく低下し、建物が外部の影響を受けやすくなります。

外壁の色が退色してしまうだけでなく、周囲にも飛散する可能性があるため、メンテナンスが必要です。

外壁の塗装を定期的に行うことで、チョーキング現象を防ぎ、建物を保護し美観を維持することができます。