函館店

「春・夏・秋・冬」外壁塗装はいつ行うべき?

 

  • 外壁塗装は適切な季節の選択が大切

外壁塗装工事は湿度や雨などの外部環境の影響を大きく受けるため適切な季節の選択が重要です。

 

外壁塗装に適した気候条件は温度が5度以上で湿度が85%未満です。このため、特に寒い冬や雨の日には施工が困難です。外壁塗装に最適なのは気候が穏やかな春(4月~5月)と秋(9月~10月)になります。

 

春と秋は湿度と温度が適度な最高のシーズンです。塗料の乾燥時間が短縮されるため作業がスムーズに進み、仕上がりが美しく長持ちしやすいのがメリットです。ただし、これらのシーズンは依頼が集中するため早めに依頼してスケジュールを確保しましょう。

 

  • 夏と冬でも施工は可能

ベストシーズン以外の夏と冬でも施工は可能です。ただし、雨天は塗装作業に適さないため、梅雨の時期は工事のスケジュールが延びることがあります。

夏場は雨が少なく塗料の乾燥に適したシーズンです。しかし施工中は窓が開けられませんし、作業工程によってはエアコンが使えない場合もあります。

冬場は気温が低く日も短いため、塗装が困難で工期が延びがちです。また、結露や霜対策も必要となります。

湿度の高い梅雨や低気温の冬の施工には、技術力が高く経験が豊富な業者を選ぶことをおすすめします。

梅雨から夏にかけてと冬場は依頼が比較的少ないため、優良業者でも値引きキャンペーンを実施したり価格交渉に応じやすい傾向があります。この時期は低価格で施工を依頼する絶好のチャンスといえるでしょう。

 

  • まとめ

外壁塗装には春と秋が最も適していますが、適切な施工を行えばその他の季節でも高品質な仕上がりが期待できます。どの季節でも安心して依頼できる優良な業者を選びましょう。