函館店

軽量・耐久性に優れた画期的な外壁ALCパネル

 

  • ALCパネルとは?

ALCパネルは高性能の軽量コンクリート建材です。内部に無数の微細な気泡があるのが大きな特徴です。

 

  • ALCパネルの6つのメリット

ALCパネルには次のようなメリットがあります。

1つ目は軽量性です。気泡のおかげで驚くほど軽く、重量はコンクリートのわずか4分の1に過ぎません。

2つ目は耐火性です。不燃材料なので燃えにくく、原料は無機質ですから火災時に有毒ガスなども発生しません。

3つ目は熱伝導率が低いことです。無数の気泡が優れた断熱効果を発揮します。断熱性能はコンクリートの約10倍といわれています。

4つ目は騒音の遮断です。内部の気泡は外部の騒音をシャットアウトします。

5つ目は優れた耐久性です。ALCパネルの内部には鉄筋やスチール製の補強材が組み込まれているため強度が高く、長持ちします。

6つ目は地震に強いことです。ロッキング構法によって地震時の変形を防ぎ、強度を保ちます。

 

  • ALCパネルの弱点は水

メリットが多いALCパネルですが、水を吸いやすいため防水効果が低いのがデメリットです。

このデメリットは防水性の高い塗料を使用することで解消できます。しかし、防水性を維持するためには、定期的なメンテナンスを行う必要があるでしょう。

 

  • ALCパネルのメンテナンス方法

メンテナンス方法は主に、外壁塗装とシーリング材の補修です。

定期的に外壁塗装工事を行うことで、美観を保つだけでなく防水効果の低下を防ぎます。また、パネルのつなぎ目から水が入り込みやすいため、接合部のシーリング材も劣化しやすい部分です。こちらも定期的に補修しましょう。