函館店

築10年で外壁塗装は必要なのか?

「築10年になると外壁塗装をしなければいけない」とよく言われます。10年というタイミングが重要なのはなぜでしょうか?

 

築10年を目安にする2つの理由

【新築時に使用する塗料】が原因の1つです。ひと昔前、高耐久のサイディングボードが主流ではありませんでした。10年以上前のサイディングボードには、おもにアクリルやウレタンを使用していました。これらの塗料の耐用年数は7~8年なので、10年たつと劣化症状が出てきます。

 

また、【10年保証が切れる】タイミングで住宅メンテナンスをしたいというご家庭が多いことも理由です。保証が切れるタイミングでハウスメーカーや工務店が点検に来ます。その際に勧められて、10年というタイミングで外壁塗装を行うご家庭が少なくありません。

 

 

実際に、10年で外壁塗装しなければいけない目安は、外壁材が何なのか?劣化状況などです。例えばサイディングボードは近年高耐久になっていますから、必ずしも10年を目安にする必要はないでしょう。ただし、コーキング剤が劣化するため、外壁塗装はせずコーキング剤だけやり変える方は少なくありません。モルタルの場合は、耐久性の問題があるので10年を目安にする方が良いでしょう。ただし、これらはあくまでも目安です。劣化症状や立地条件をみて10年で外壁塗装をする方が良いか、15年でも大丈夫なのか専門家に判断してもらいます。

 

外壁塗装の目安は塗料や劣化症状の程度により判断します。長く住むためにも、10年を迎えたタイミングで専門業者に状態の診断を受けることは大切です。