函館店

外壁塗装の土台ともいえるケレン作業

今回は、外壁塗装の一環である「ケレン作業」についてお話ししたいと思います。

 

まず、ケレン作業とは一体何なのか?外壁の塗装前に行われるこの作業は、外壁の表面を整えるための下準備工程の一環です。

具体的には、古い塗料や汚れ、カビ、コーキングなどを取り除くことを指します。

これにより、新しい塗料がしっかりと密着し、美しい仕上がりを実現するのです。

 

ケレン作業には様々な工具や技術が使用されます。高圧洗浄機やサンダーを使って外壁を清掃し、滑らかな表面を作り出します。また、プロの職人たちは経験豊富な技術を駆使して、細部まで丁寧に作業を進めます。

この段階でしっかりとしたケアが施されることで、塗装の寿命が延び、外壁の美しさが長く続くのです。

 

外壁塗装は単なる美観向上だけでなく、建物を守る重要な役割も果たしています。

雨風や紫外線、その他の外部要因から建物を守り、耐久性を向上させるのが外壁塗装の最終目標です。そしてその土台となるのが、しっかりとしたケレン作業なのです。

 

ケレン作業を丁寧に行うことで、塗料が長持ちし、より長く外壁が美しさを保ちます。

ぜひ外壁塗装とその中でもケレン作業の重要性を考え、愛着のある住まいをしっかりと守りましょう。